過払い金とは、消費者金融やクレジット会社からお金を借りた場合、利息制限法の制限金利を超えた金利でお金を借りている場合があります。

その場合、制限金利を超える利息を長い間支払い続けると、制限金利を超える部分は、金融機関の不当利得となることから、債務者にとって高額の払い過ぎをしていることとなり、金融機関に返還を求めることができることになり、それが過払い金返還といわれているものです。

おおよそ7年間連続して制限利息を超えて利息を支払い続けると過払い金が生じるとされていますが、借入の限度額や返済の仕方によっても違ってきます。

相談される際には、債権者である金融機関の住所、名前のほか、借金の開始時期、限度額などがわかる使用を持参されれば、その後の手続が早く進みます。