弁護士との法律顧問契約とは、弁護士が顧客から毎月の顧問料を得る対価として法律相談を無料で行ったり、訴訟事案については他の事件に優先して迅速に着手するなどのサービスをしたり、弁護士費用について一定額割引するなどの特典を与えるという契約をいうものです。

また、顧問契約を締結している顧客のうち法人に対しては、弁護士の方から顧客の事務所に年に1回程度訪問し、弁護士から法人の法的紛争とはなっていない小さなトラブルの有無などを確認し、弁護士が予備知識を持っておくという利点もあります。

その他、弁護士との法律顧問契約の利点としては、相談する回数も自ずと多くなることから、法律相談を気軽に受けることができること、顧問弁護士がいることにより社会的信用が得られること、長いお付き合いとなることから長期的な視点で助言ができること、客観的な視点でも助言を受けることができること、従業員の法律相談も無料で実施することから従業員の福利厚生にも使えることなどが考えられます。法人との顧問契約は月額3万円です。

また、顧問契約は、法人だけではなく、純粋の個人の方ともおこなっております。個人であっても法的紛争に巻き込まれることはよくありますし、相続が近づいてくると他の親族との間でトラブルが予測されることから、ホームローヤーとして契約をしている方もおられます。法律相談は無料ですし、相談を何度か受けていると弁護士がその方のかかえている法的問題の背景も理解できるので相談の時間も節約できます。個人の顧問契約は月額5000円です。