法律相談

法律相談を受ける場合、大事なことは、できるだけ早めに弁護士の相談を受けることです。早い段階のほうが、相談者にとって将来有利な方向に解決するための選択肢がたくさん残っているため、より有利な解決に導く指導や注意を与えることができるからです。

自分に不利な契約をしてしまってから、相談するよりも、契約をする前に相談に来たほうがよりよい解決が出来ることは、誰が考えてもわかることです。

持参するもの

法律相談を受ける場合、ただ口頭で相談の内容を話すよりも相談の前提となる事実関係の書類、例えば、相続であれば、関係者の戸籍謄本、遺産目録など、また、不動産の問題であれば不動産の登記簿謄本や固定資産税評価証明書などを持参することが、相談の内容をより深めることが出来ます。その他、事件によって持参すべき書類は異なりますので、相談の予約をするときに持参すべきものを聞いてください。

事実関係の説明

事実関係は、出来るだけ歴史順に説明することが弁護士の理解を早め、誤解をすることが少なくなります。出来れば、年表のようなものを作成しておくことも良いと思います。

訪問法律相談について

ご高齢の方や体の不自由な方のために訪問法律相談も行っております。必要な方は、お電話の際にお気軽にお申し出ください。

訪問法律相談の場合、弁護士が直接お客様のところへ出向かうため別当追加料金がかかります。お客様のお住まいの場所によって料金が変わりますので、金額についてはお問い合わせくださいませ。