弁護士の役割は、訴訟活動だけでないことは言うまでもありません。

弁護士は顧客のために法的知識、法的見解を駆使し、顧客の正当な利益を守ることであると思いますので、顧客が、相手から不当な要求をされたり、相手が正当な要求に応じない場合に、弁護士が法的な観点から、顧客に代わり相手に内容証明郵便を作成し、送付したりすることもあります。そして、その後の交渉も通常行いますので、法的トラブルが迅速に解決できるという利点があります。

また、内容証明郵便以外にも契約書、合意書、確約書や遺言書など重要な文書は、その後の法的紛争を起こさないためにも弁護士に依頼して作成することが重要であると思います。