相続は、被相続人の死亡によって開始し、相続人は被相続人の積極財産や消極財産、財産上の地位を承継することになります。

  • 積極財産

現金、預貯金、有価証券、動産、不動産などのプラスの財産

  • 消極財産

借金や保証債務などのマイナスの財産

  • 財産上の地位

賃貸住宅の家主という地位など

 

相続が開始した場合,相続人は相続を承認するかまたは放棄するかを選択することができます。

 

相続の承認

相続の承認には二種類あります。

  1. 単純承認:被相続人の権利義務を無制限に受け継ぎます。
  2. 限定承認:被相続人が負担していた債務は、遺産の限度内でのみ支払います。被相続人の債務がどの程度あるか不明であり、財産が残る可能性もある場合などに用いられるのが限定承認です。

 

相続の放棄

相続放棄とは、相続人が被相続人の権利や義務(遺産や債務)を一切引き継がないということです。相続財産を調べてみたら、プラスの財産よりも多額の債務があったなど、遺産を相続したくない場合、相続人は相続を放棄することが出来ます。被相続人が負債を残していると思われる場合には、早めに相続放棄のための行動を起こすべきです。相続を放棄すると、その人ははじめから相続人にならなかったものとして取り扱われます。

 

相続放棄の手続

相続人は、相続開始を知ったときから原則として3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の「申述」をしなければなりません。この3ヶ月の期間を熟慮期間といいますが、期間を過ぎてしまうと、相続放棄できなくなりますので、申述期間が終了する日を過ぎてしまわないよう十分に注意が必要です。熟慮期間は、家庭裁判所に請求することにより、延長してもらうことも可能です。